公開フォーラム『足元の宝物で地域を元気に』【無料】

【ライフスタイルデザインカレッジ2008
ベーシックプログラム 公開フォーラムのご案内】
 〜足元の宝物で地域を元気に〜

2008年度最後のベーシックプログラム・公開フォーラムに、
ドクター月尾こと月尾嘉男先生をお招きしました。
地域振興と環境保護のため全国各地に私塾を主催されている月尾先生から、地域を元気にするための方法論をご一緒に学びましょう。

■日 時/平成21年5月23日(土)
     14:00〜16:30 受付13:30

■会 場/掛川グランドホテル 
     ※ファイナルセレモニー/講演/交流会すべて掛川グランドホテル内
     掛川市亀の甲1−3−1 0537−23−3333

■参加費/無料(ただし事前登録が必要です)

■講師/月尾嘉男(つきおよしお)氏
 東京大学名誉教授
 「ドクター月尾 地球の方程式(TBSテレビ系)」
 「森本毅郎スタンバイ・日本全国8時です(TBSラジオ系)」などに出演。
 全国各地の河川や海岸を旅するカヌーイストであるとともに、
 地域の有志と環境維持や地域振興をめざす。

 月尾嘉男さんホームページ:
 月尾嘉男の洞窟 http://www.tsukio.com/broadcasting.html

■プログラム/受付13:30
 ・ファイナルセレモニー 14:00〜14:50(参加費無料)
 ・月尾嘉男氏 講演   15:00〜16:30(参加費無料)
 ・交流会          17:00〜19:30(参加費¥4000)

■参加方法/下記項目を連絡事務所までご連絡ください。
(5月19日までに)
@お名前(ふりがな)A連絡先(メールアドレスまたはFAX番号、電話番号)Bご住所


【お問合せ・お申込み】
NPO法人 スローライフ掛川連絡事務所
Tel. 0537‐22‐0654 
Fax. 0537‐22‐0786
E-Mail. project@slowlife.info
posted by スローライフ掛川 at 2009/05/08 17:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>フォーラム

公開フォーラム『まちを映画の舞台にしよう!』【無料】

掛川の風景資源を価値あるものにしようと、NPOが進めるロケ支援活動を題材に、私たちが自主製作したショートムービー、地域でロケを行った映画を上映しますので、ぜひご注目ください。

_MG_0176.JPG 0194.JPG _MG_0242.JPG

■日時/2月28日(土)18:30〜21:15 受付18:15
■会場/美感ホール(掛川市亀の甲1-13-7)
■定員/200名

【第1部】18:30〜19:30 ロケ地として掛川の可能性を探る
◎ショートムービー 『自転車で行きたい』上映 
二人のサイクリストが縦横無尽に掛川市内のロケ適地を走ります
◎レクチャー 『ロケ支援で地域の価値を高めよう』
講師/フィルム・コミッション伊豆 板垣敏弘氏
【第2部】19:30〜21:15 地域ロケ映画の上映
◎映画 『丘のうえから』上映 監督:鈴木慎太郎(菊川市出身)
鈴木監督が地域の風景をふんだんに使って撮った映画です

●参加方法/下記項目を連絡事務所までご連絡ください。
@お名前(ふりがな)A連絡先(メールアドレスまたはFAX番号、電話番号)

※定員になり次第締め切らせていただきます。
※駐車場はありません。公共交通機関か、有料駐車場をご利用ください。

【お問合せ・お申込み】
NPO法人 スローライフ掛川 [連絡事務所]
Tel.0537-22-0654 Fax.0537-22-0786 E-Mail. project@slowlife.info
posted by スローライフ掛川 at 2009/02/11 18:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>フォーラム

11月22日(土) 内山 節氏公開フォーラムのお知らせ

---------------------------------------------------------------
ライフスタイルデザインカレッジ2008 公開フォーラム 
第3回 『 里山の暮らしから新たな価値をみつける 』
---------------------------------------------------------------
ありたい生活、美しい毎日を創造するための基礎講座:
3回目のフォーラムは哲学者の内山さんに山里と里山に
ついて実際の生活に密着した観察から導き出されたもの
を、わかりやすい言葉で語っていただきます。過去の講
演では、「自(おの)ずから」と「自(みずか)ら」の
違いや、普段の生活における「作法」をわきまえた「足
るを知る」生き方など、生活の中で心に留めておきたい
言葉を頂きました。今回もまた、知的で楽しいフォーラ
ムになると思いますので、是非ご参加下さい。


■とき/11月22日(土) 19時〜21時
 *受付開始 18時30分

■ところ/ 掛川商工会議所 大会議室 
 静岡県掛川市掛川551-2   TEL:0537-22-5151
車でお越しの方は、掛川商工会議所の駐車場をご利用下さい。

■講師/内山 節さん
哲学者。群馬県上野村の半村民で、自ら畑を耕す。
実際、内部や現場からものを見てこそ本来の哲学である
と語る実践的哲学者。現在、立教大学大学院教授。
主な著書に、『「創造的である」ということ』『「里」と
いう思想』『自然と人間の哲学』『自然と労働』『戦後思
想の旅から』『時間についての十二章』。共著の『ローカ
ルな思想を創る 脱世界思想の方法』は、1997年(平成9年
)に掛川市で開かれた三人委員会「夏のセミナー」で討論
されたことをもとに書き下ろされた論文集である。三人委
員会とは、河川土木の大熊孝氏、環境倫理学の鬼頭秀一氏、
哲学の内山節氏の三氏でつくる委員会である。《喋る!》、
楽しむ農《育てる!》の3つを柱で活動中。

■参加定員/100名 
 ☆どなたも無料聴講できます。

<参加申込>下記事項を事務局までお知らせください。
●参加者氏名(フリガナ) 
●電話・ファックス 
●郵便番号・住所 
●メールアドレス


【お問合せ・お申込み】
NPO法人 スローライフ掛川連絡事務所 
Tel:0537-22-0654, Fax:0537-22-0786
E-Mail project@slowlife.info

posted by スローライフ掛川 at 2008/11/11 12:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>フォーラム

10/25(土)公開フォーラムのご案内

--------------------------------------------------------------------------------------
ライフスタイルデザインカレッジ2008 公開フォーラム 
『自転車ライフ入門〜まずは里山を走ろう〜』
--------------------------------------------------------------------------------------
自転車、それは単なる移動手段ではなく、私たちに新たな生活を提案
してくれる仲間です。
自転車に乗ると、「これまで気付かなかった季節の変化を五感で知る」
「住み慣れた街も違った景色と感じる」車窓からは見過ごしていた、
気付かなかった世界へと導いてくれます。
そして、その魅力にはまり、サドルをまたぐ人びとも急増しています。
自転車ライフを楽しむには、どんな自転車に乗って、どんな乗り方を
すればよいのか。自転車ライフに最適な“掛川”を百倍楽しむ方法を
お伝えします。
ちゃっちゃなトンネルと里山のモコモコを走ってみませんか。

■とき/10月25日(土)15時〜17時 *受付開始 14時30分

■ところ/掛川市美感ホール
掛川市亀の甲1丁目13番7号  TEL0537-23-6543
車でお越しの方は、付近の市営駐車場などをご利用下さい。

■講師/宮内 忍さん
八重洲出版出版部部長、自転車専門誌「サイクルスポーツ」前編集長。
2004年掛川市が実施した「スローサイクリングによる地域自立・広域
観光振興ソフト施策検討調査」アドバイザーを務めたほか公職多数。
中学1年生の時、宮田のドロップハンドル仕様・外装8段変速機付きの
スポーツ自転車を、親に買ってもらう。これがサイクリングの魅力に
目覚めるきっかけとなり、早稲田大学時代はサイクリングクラブ所属。
休日には、自転車でのうまいもの屋巡りを楽しんでいる。東京都出身。

■参加定員/200名
☆どなたも無料聴講できます。
☆参加ご希望の方は、できるだけ事前連絡をいただきたいですが、
 当日、直接会場へお越しいただいても結構です。

■申込フォーム
http://slowlife-k.sakura.ne.jp/ajaxmail/cycling.html

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Slow Style Cycling in KAKEGAWA 2008
ずらっと掛川サイクリング 参加者募集中!
10月26日(日) 大東温泉シートピア発着
http://slowlife-k.sakura.ne.jp/modules/wordpress/index.php?p=13
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【お問合せ・お申込み】
NPO法人 スローライフ掛川連絡事務所
Tel 0537‐22‐0654 Fax 0537‐22‐0786
posted by スローライフ掛川 at 2008/10/17 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>フォーラム

公開フォーラム 山村レイコさん『自然回帰型生活びとのゆったり暮らし』報告

DSC05916.JPG
2008年度のライフスタイルデザインカレッジのオープニングとして、6/14に自らを”自然回帰型生活びと、エッセイスト、農民”と称される山村レイコさんによる講演が行われた。

NPOスローライフとしては初めて山村レイコさんと交流することになるが、当NPOの佐藤理事は以前から山村さんと親交があり、佐藤理事いわく、このライフスタイルデザインカレッジの原点は山村レイコさんあるという紹介から始まった。

山村レイコさんは講演の中で、パリダカールラリーしていたころは、砂漠を走ることで自然が読めるし対話が出来るようになり、朝霧高原に住みだした1997年のラリーでは、自然との共生をテーマに走ったらスコンとゴールできた。確かにラリーは肉体的に痛いとか苦しいことがあるがそういうものを超えて嬉しい、自然の中で遊ばせてもらっている。これが私の原点となっていると語られた。
また、現在は、こころの中は今が一番充実しているというかバランスがとれている。そのためには、余計なものを取っちゃって、どう生きることと死に向き合うかが大事、それイコールどう自然と付き合っていくか、より楽しくより笑いながらやっていけるか、そうすれば60歳になってもっといい女になっていると思うとのこと。
まず、なぜ山村さんが自然回帰型になったのか、30台後半まで東京にいたが、体を壊してしまい10個以上の病気になった。そのときにどうしようと考え田舎暮らしをしようと思い13年前に富士山のふもとの朝霧高原に廃屋をつけて住みだした。この場所は今でも生活用水は山水を使っていて、先日は水問題で井戸を掘ろうかということを話したばかりだそうです。東京にいるときは便利が怖くなったとのこと。便利は便利でいいが、なぜ水道はかってにでてくるのか、ありがたさよりもあー出てきた流れていく、それが自分の中で病気になっている原因なのか、もっと原始人みたいに生きるといことに大変になれば体もよくなっていく気がしたとのこと。これが大当たりで、朝霧高原に移り住んでライフラインから自分たちでやらなきゃいけないということで行ったら体がどんどん治っていった。とても不思議だったとのこと。
ただ、今まで無理をしすぎたようで、今年の2月に倒れてしまった。自分の中の自然とも対話をしなきゃいけなかった。そこから今までの人生と今は全然違う生活をしている。それは、やらなくていいことはなにかなと考え、一個すて一個すてること。今までは自分の癖が、片付け好き、掃除しまくり、ごみがあったらすぐ拾うのをやりつづけていた。倒れる瞬間まだ毎日10キロ犬の散歩でゴミ拾いしていた。今は自転車や車で行ったときにゴミ拾うなどにして、自分を変えていくのが今のテーマ、いい人になってきたと実感している。

その他にもいろいろな話しがたくさんあったが、その中の一部を紹介すると以下のような話しをされていた。
今やらなきゃなと思うこと今できること。気持ちの中に大きな種をまくといつの間にか大きく育っていて、だれかが水をそそ手でくれたり、肥料をあたえてくれたり刺激をあたえてくれる。私はやりたいと思ったときにスパーンとやる。やりたい気持ちを爆発してやるというのがいつものパターン、中途半端がだめ、ラリーも同じ、やりたいという気持ちが大事。
地球に遊びにきちゃった山村レイコ、そう考えれば、宇宙の視線で見ればどんな状況でも笑っちゃえる。元気のもとは笑う、どんなときでも笑う、これが山村レイコさんのスタイル。

講演の最後では、当ライフスタイルカレッジについて、山村さんもいろいろなイベントを実施しているが、システム化して継続することがすごく難しい、そういう意味ではライフデザインカレッジが継続的に実施できていることがすごいな、システムにしていることがすごいなと思うし、続けていることの凄さをみんなに伝えていきたいとコメントして頂いた。

なお、懇親会では、講演では話しきれなかった話しをいろいろと話して頂き、とても楽しい一日でした。
また、山村レイコさんからは、朝霧高原の自宅を含めたスペースをライフデザインカレッジでも是非活用してとの言葉を頂いたので、そのような企画が今後できるかもしれません。お楽しみに。



posted by スローライフ掛川 at 2008/07/09 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>フォーラム

山村レイコ氏公開フォーラムのお知らせ

山村レイコ氏公開フォーラム
『自然回帰型生活びとのゆったり暮らし』

yr.jpg今年度のカレッジ・フォーラムは全3回。すべて参加無料の公開講座となりました。会員以外の方もご参加いただけますので、ご家族ご友人などお誘いあわせのうえ、どうぞご参加ください。
※参加無料ですが、参加ご希望の方は、お名前とご連絡先を下記連絡事務所までご連絡ください。

■日時/2008年 6月14日(土) 14:30開場、15:00〜17:30
■会場/美感ホール 掛川市亀の甲1-13-7
(JR掛川駅南口より徒歩5分) 0537-23-6543

■講師/山村レイコ氏 (自然回帰型生活びと、エッセイスト、農民)
講師プロフィール
東京都生まれ。高校卒業後、都内の新聞原稿輸送会社に入社し、
プレスライダーとなる。間もなく退社し、日本一周バイクツーリングに出発。アルバイトをしながら全国を365日かけて旅する。
旅日記 『日本一周乙女の独り旅』 をバイク雑誌に連載し、以後バイク、車、旅関係の著述活動を開始する。
1987年、憧れだったアフリカの地を訪れ、海外ラリーにのめり込む。
1995年、住み慣れた東京を離れ、富士山麓・朝霧高原へ移住。
2000年、アイガモ農法によるお米づくりを始め、自然農法に挑戦。
2005年、自宅にて人の集まるミニ・カフェをオープン。
2006年、オーガニックカフェスタート。
現在は、「エッセイの著述」「講演や体験取材レポート」「楽しむ農」
の3つを柱として活動中。

○会場には駐車場はございません。
○ライフスタイルデザインカレッジのオリエンテーションを同時開催します。
○終了後懇親会(掛川グランドホテル、会費4,000円)を開催します。懇親会へ
参加ご希望の方は、前日までにご連絡ください。

■お問合わせ
NPOスローライフ掛川 連絡事務所
TEL.0537-22-0654 FAX.0537-22-0786 
E-mail: project@slowlife.info
posted by スローライフ掛川 at 2008/06/09 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>フォーラム

フォーラム

ありたい生活、美しい毎日を創造するための基礎講座です。全受講生が参加できる公開講義形式のフォーラムと、関係者全員が集うフェスティバル、ワークショップ形式のセッションを用意しました。年間を通したプログラムテーマを、今年度は「里山を愉しむ」としました。里山空間の価値や魅力を基礎講座で学び、体感ください。
■フォーラム(年3回) 著名講師を迎えた公開講座(120分)
@ 6/14(土) 講師:山村レイコ氏「自然回帰型生活びとのゆったり暮らし」
A11/22(土) 講師:内山節氏
B 2/28(土) 講師:調整中
終了後、講師を交えた懇親会があります(飲食費は別途)
posted by スローライフ掛川 at 2008/05/09 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>フォーラム
7月よりライフスタイルデザインカレッジ2009が始まります
詳細はライフスタイルデザインカレッジ2009で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。