トレッキング第4回「明神山」の様子

おそ〜いご報告でスミマセン。
トレッキングのご報告、近日中に
どど〜んとアップしていきます。

さて、トレッキングの第四回目の講座では、
愛知県鳳来にある明神山に登ってきました。

「明神山」は、標高こそ1016mと控えめなものの
登山口から山頂までの標高差が大きく、距離があり、
なかなか登りこたえのある山です。
IMG_0654.JPG

歩き始めは乳岩峡と呼ばれる谷間の河底。
ツルツルとすべる大きな岩の上を滑らないように歩き、
しばらく歩くと、鬼岩と呼ばれる巨大な一枚岩が眼前に現れました!!
IMG_0656.JPG

「鬼岩」と呼ばれるこの大岩。
岩壁には多くのフリークライマーが取り付き、岩登りを楽しんでいました。
IMG_0660.JPG

実はここ鳳来乳岩峡は、クライミング(岩登りの)世界では、
凝灰岩の一大エリアとして有名な場所で、全国各地から屈強なクライマーが集う、クライミングメッカなのです。

フリークライマー達の多くは、より難しい岩に登るのが目的。
カレッジで行なう「トレッキング」とは、ちょいと山を楽しむ
スタイルが異なりますか。
一口に「山登り」と言っても、様々なジャンルがあるものです。

大岩に攀じ登るクライマーに感心しながら、
我々トレッキングチームは一歩一歩山頂を目指します。
IMGP1337.JPG

鬼岩を過ぎてしばらくすると、胸突八丁の頭が見え、
裾野に広がる紅葉が見事でした!(ちょっと終わりがけでしたが)
IMG_0672.JPG

そしてこちらは黄色に染まった森の中。
晩秋の森、気持ちいいんだこれが。
IMGP1354.JPG

6合目を過ぎると、部分的に痩せた尾根が現れます。
まるほど、まさに「馬の背」。
ちょっぴりスリリングなこの岩場を、手を使い、鎖を使い、慎重に登ります。
IMG_0680.JPG IMG_0673.JPG IMG_0684.JPG
悪いヤセ尾根をやり過ごすと、東の視界が開けました。
幾重にも重なる山並み、赤や黄色に彩られた山の斜面は素晴らしかった!
いやぁ〜キレイでした!
ここまできたご褒美でしょうかね。
IMG_0688.JPG IMG_0687.JPG

山頂では今回のスペシャルゲスト、オカリナ奏者の平野先生による
山のコンサート。
清々しい山の空気に、オカリナの清らかな音色がよくマッチ
して、あ〜なんて贅沢なひと時。。
IMG_0690.JPG

帰り道、
歩いてきた山を振返り、みんな誇らしげでした。
IMGP1367.JPG

今回はなかなかの長丁場でしたが、
誰一人めげることなく、歩き通せました。
みんな、着実に山を歩く体力がついてきたようです!
IMGP1361.JPG


posted by スローライフ掛川 at 2009/05/07 20:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>トレッキング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
7月よりライフスタイルデザインカレッジ2009が始まります
詳細はライフスタイルデザインカレッジ2009で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。