第7回「すろ〜なお茶会」

第7回「すろ〜なお茶会」の報告
DSCN0497.jpg

振り返ってみれば自ら器をつくり、摘んだ茶葉を釜炒り茶に仕上げ、真面目に座学を学んだあと、はじめて取り入れた珈琲の味体験と進めてきました。

オプション講座を除きフィナーレとなったお茶会。
会場にはご指導いただいた陶芸家・竹廣泰介氏ご夫妻、茶学専門家・小泊重洋氏、茶業家大塚圭子氏、そして珈琲専門店主・内田一也氏をお迎えし、掛川城と二の丸美術館に囲まれた本格的な茶室で開催しました。
受講生のほか企画運営に関わったスタッフ、市民イベントのお茶会の仕掛け人でもある山本さん、鈴木さんの名コンビのお力もお借りし、総勢13名の参加となりました。

開催に先立って広間中央に想いをカタチにした湯呑、ぐい呑み、抹茶茶碗、コーヒーカップなどを包装したまま机上に並べてみました。
包装が解かれ、目にした瞬間“これが私の器?素敵じゃん!良かったあ!という感動の声があちこちからこだましていました。
興奮やまないなか、講座を振り返っての思いや講座で伝えきれなかったことなどが待ちきれないように講師から次々と語られた。
聞き違えがなければ、文化とはなにか?と自問した講師の共通の概念として楽しむことだ!と締めくくられた解釈が印象的でした。

DSCN0505a.jpg DSCN0510a.jpg

こんな前座を終え、いよいよ茶会のはじまりです。
先ずは、自ら仕上げた釜炒り茶をこの日のために梅廼家菓子舗さんに特別作っていただいた和菓子を口にしながらお手製の器でお披露目を兼ねて、煎茶では味わえない芳しい香りと味を楽しんでいただきました。
つづいて小泊先生ご持参の韓国の釜炒り茶が提供されました。
これも味は薄い感じでしたが風味あるもので海外版も居ながらにして味わうことができましたね。
また、予定には入っていませんでしたが、掛川の現代美術研究会のイベントで使用された松下茶園の掛川産抹茶も披露され、はじめて試飲される方がほとんどでしたが、なかなかいけるじゃん!と地産、地消を期待する声も多かったです。
会の締めくくりとして、受講生、スタッフから器づくりの楽しいひとときの思い出や講座全体の感想、カレッジへの期待など…が熱く語られ、講師の方々からも講師同士の交流の場を提供していただいた!との感謝の念もいただき、名残欲しい雰囲気漂うなか、ライトアップされた掛川城を横目に眺め閉会となりました。
posted by スローライフ掛川 at 2009/03/18 12:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>喫茶と器学
この記事へのコメント
素適な茶会でした。
‘ほんわり’した良い時間をいただきました。
先生方、受講生の方々、皆々様。
ありがとうございました。

そして、奥で万全にセッティングして下さった、
お二人様に感謝です。
Posted by yoshie at 2009年03月22日 16:54
受講生&スタッフ、講師の皆さん、ステキなお茶会で
よかったです。
器作り、お茶摘み、釜炒り茶は楽しかったと思いますが、
二の丸茶室でのお茶会は、スペシャルなお茶会になったんでしょうね。
Posted by 茶摘っ娘 at 2009年03月22日 20:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
7月よりライフスタイルデザインカレッジ2009が始まります
詳細はライフスタイルデザインカレッジ2009で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。