第7回F.Fプログラム「解禁!早春の渓へ初釣行」報告


 待ちわびた河川解禁から2週間が経過し、山里を彩る花も“梅”から“桃”へと主役が変わりました。3月中旬といえば、静岡県の河川はグッドコンディションに向かいつつあるのが本来ですが、3/13-14の降雨が、増水と冷え込みをもたらし、3/15の釣行は、厳しい環境での初釣行となりました。

 朝7:45に掛川市役所に集合したメンバーは、“イブニングまで粘りたい”派が圧倒的に多く、乗り合せというより、めいめいのクルマで出発!
です。

 到着した気田川は茶色の濁流。支流の不動川でも笹濁り。目標の熊切川も・・・なんとキツめの笹濁りです。そのため、気田川本流上流部の勝坂に向かい、その集落に流れる支流へ数名の入渓を試みますが・・・先行者が数名。とはいえ、このコンディションでは、澄んだ支流を目指す釣り人が多いのはいたしかたないところです。。ここでは記念写真を撮って、後藤さん、鈴木さん、中道さんに入ってもらい、残りの人たちで違う川を探します。

P1020920.JPG P1020921.JPG P1020922.JPG

 川野先生と岡田さん、達橋さん、榑松さんは石切川支流の小俣川に向かうも、濁りが強く先行者ありで断念。熊切川中流部へ移動するという連絡が入ります。そして野崎さん、小林さんは不動川へ。不動川は澄みが早く、状況としては他の川よりもコンディションが良いとはういうものの、やはりこれだけの増水では、魚たちの顔は拝みにくい状況です。 

P1020924.JPG P1020926.JPG P1020928.JPG
 
・・・つづく
posted by スローライフ掛川 at 2009/03/15 19:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>フライフィッシング
この記事へのコメント
 自然の中で魚を釣るというのがフライフィッシングなので、釣果は自然の女神のご機嫌次第ということになりますナ。
 今回は、だから、やむを得ません。
 あと2回、実釣スクールがあります。
 皆さん、頑張って!
 アマゴバッジはまだ残っているよ。
Posted by 狂四郎 at 2009年03月17日 17:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
7月よりライフスタイルデザインカレッジ2009が始まります
詳細はライフスタイルデザインカレッジ2009で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。