2/8『Nipponの酒』報告

2月8日・日曜日、JRに乗って藤枝の青島酒造へ・・・
Nippon学の第4回は『Nipponの酒』でした。1090.jpg

様々な角度から日本の魅力を再発見する「Nippon学」ですが、昨年から変わらず継続しているのが、日本酒の仕込みの真っ只中‘聖域’への酒蔵ツアーです。
この時季、蔵人達は身を清め肉食を絶ち、外界とは遮断した生活で酒作りに精進しています。特に青島酒造は、昨年県下の地酒で金賞を取ったほどの蔵元ですから、張りつめた現場です。
見学する側もそれなりに、前日から食事は規制し、身を清め、女性はスッピンで。日本酒が出来るまでの行程を事前に予習して訪れました。

今回の参加者は受講生6名・スタッフ2名に加え、平野校長や他のプログラムの講師もゲストに加わり、総勢14名になりました。

午後2時、青島酒造に到着。
旧東海道沿いの佇まいにも、何か真摯な雰囲気が漂います。

17705814.jpg
このツアーを受け入れて下さる青島孝専務は、蔵元の取締役でありながら杜氏という職人です。それは全国的にも稀なケースです。アメリカで投資理論を学び、瞬時に数百億円の運用をされていた経歴から一転して、非効率な酒作りを継ぎに帰国した青島さんには、この土地ならではの酒をご自身の手で極めようとされる信念があり、直向に邁進されている様子が伺えます。

見学は、酒の原料「水」「米」「菌」のそれぞれを学びます。

o12・1 012.jpg
「水」は南アルプスの伏流水が、地下60mから常に豊富な水量を保ち供給されています。試飲させていただきましたが、水温や口当たりの柔らかな感じです。

o12・1 020.jpg 1083.jpg
「米」は、品種や出所、精米の仕方、洗米・浸漬、蒸米への行程と、それに関わる人の手を惜しまないこだわりを聞き、伝統を守る物作りの精神を感じました。

1065.jpg 6347.jpg
「菌」は、米と絡み麹となる室の様子や、蔵元の命とも言える門外不出の黴を目の当たりにさせて頂きました。

6751.jpg o12・1 030.jpg
次は仕込みの行程です。
大きな仕込み樽では、「酒母」(しゅぼ)と言われる発酵の元が作られています。今朝仕込んだばかりの樽は米粒がはっきりと分り、仕込んで一週間の樽はプクプクと泡が一面に盛り上がっています。栗の匂いと言うか、蜂蜜林檎のような甘くフルーティーな香りがします。次に、隣りの仕込み部屋に移動します。こちらでは大きなタンクが幾つもあり、中ではピチパチピチパチ・・・と醪(もろみ)達のおしゃべりが続いています。

17706691.jpg
この日の蔵では、すでに一度目の搾りを終えているそうで、貯蔵タンクにはすでに今季の酒が貯えられていました。

最後は瓶詰めの行程になりますが、その前に試飲させて頂くことになりまして・・・

o12・1 036.jpg
・・・、うまい!

・・・刺身が欲しい!

・・・試飲だけでは疼きますので、場所を変えて更に堪能させて頂きました。

17707204.jpg
青島が用意して下さった『喜久醉』(きくよい)は全部で8種類です。地元のお米・松下米の40%だけを使った稀少な純米大吟醸を食前酒に、松下米50・大吟醸と続き、ゲストの佐藤さん推薦の「トクホン」(特別本醸造)を食中酒に頂くと、すっきりとした素直な静岡型の地酒を味わう事が出来ました。
17707176.jpg 17720953.jpg
料理もうまい! 藤枝駅近くの「友喜」(ゆうき)という季節料理店では、低価格で刺身・牛肉の煮込み・鰆の西京漬・牡蠣・鍋・・・、日本酒にあてに最高な料理を出して頂きました。
そして、人も良い! これまでのNippon学は欠席だったAさんは、「喜久醉」の美味しさに感動したようで、青島さんに「私、正直、今まで日本酒をナメテました。スゴイです。ホントに・・・びっくりしました。ホントに・・・、ホントに・・・」と興奮が収まらない様子でした。

17720748.jpg 17720780.jpg 17720906.jpg

Aさんの舌も確かなもので、実はこの『喜久醉』は、食をもっと楽しむための雑誌『dancyu』(ダンチュウ)の最新号において、純米酒選手権で、食中酒の人気第1位に輝きました。

ストイックなまでに酒造りをされている方を連れ出し、煩い酔っぱらい化した一行を代表してお詫びを言うと、「いいえ、みんなが楽しそうで嬉しいです。前の仕事は大もうけをして笑う人が居れば、必ずその裏で大損している人が居ました。酒は作り手も含めて、みんなが幸せになれる素晴らしい物だと、こうした瞬間に感じます。」と仰いました。

…青島さん、惚れました!(参加者の声)

午後7時、藤枝での贅沢な遊びは終わり、余韻を残して解散しました。









posted by スローライフ掛川 at 2009/02/13 01:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>NIPPON学
この記事へのコメント
美しかったです。
空気も・・佇まいも・・
酒も・・青島さんも・・・・

ぞっこん!参ってしまいます。
Posted by yoshie at 2009年02月14日 01:07
参加された皆さん、
それぞれ、いろんなモノに酔っています。

幸せですね…。
Posted by 8 at 2009年02月14日 21:36
電車で行く遠足気分、緊張の酒蔵、日本酒の美味しさ、と楽しい時間でした♪
いやぁ〜・・・青島さん、私も惚れました!

Posted by 青島さんファン at 2009年02月15日 14:28
幸せを運ぶ喜久醉,すばらしいっ!!


Posted by さげ巻 at 2009年02月15日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
7月よりライフスタイルデザインカレッジ2009が始まります
詳細はライフスタイルデザインカレッジ2009で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。