第2回F.Fプログラム ドライフライで最初の1匹を!

7月13日(日)
 
 第2回フライフィッシングプログラムは【ドライフライを使って、最初の一匹を!】と題し、管理釣り場『すそのフィッシングパーク』http://www.susono-f-park.com/ にて実釣体験をしました。

DSCF4203.JPGDSCF4201.JPGDSCF4205.JPG

 都合のつく受講生は、前日からNPO連絡事務所にて、ドライフライタイイングを行ない、酒井コーチやU川さんが、マンツーマンの指導をしてくれました。

 当日は朝8:00、掛川市役所北側駐車場に集合し行程の確認をしました。参加者は、現地集合も含め、受講生7名、講師コーチ3名、OB&スタッフ4名の計14名です。道中の高速道は、ガソリン代高騰の影響でしょうか・・・スイスイです。天候が心配されましたが、現地に着いた頃気温も上がり、梅雨明けを思わせる日差しに変わっていました。やや風が強めです。

DSCF4204.JPGDSCF4206.JPGDSCF4208.JPG

10:30
 簡単なブリーフィングをし、釣りたいクン(経験者)と、タイイング班に分かれました。
 パーク内の釣り場は3箇所に分れていて、それぞれに鱒の種類が違います。50cm級のニジマスは、引きが強く、取り込み方によってフライを奪われます。そんな経験もここでは1つの楽しみ方です。と先生の弁。
タイイングは事務所横の小部屋を借りて、佐藤隆彦コーチがレクチャーしました。そして、自分の巻いたフライでいざ、実釣です。釣り場の様子は、気温の上昇で魚も沈み気味、浮かせるフライに少し重りをつけて水中での喰いつきを狙います。

DSCF4210.JPGDSCF4213.JPGDSCF4218.JPGDSCF4226.JPGDSCF4224.JPGDSCF4217.JPG

 実釣中、密かな楽しみは、駐車場で留守番をしながら達橋コーチが作ってくれるトン汁。それが美味しく出来上がる頃を見計らって、各自昼食をとり、昼食後も14:00を目安に実釣。全員が釣果を得ました。そのなかで、Gさんが釣り上げた50cmのニジマスを、佐藤コーチが、わずか5分、見事な包丁裁きで切り身にしてくれました。(残念ながら、カメラマンが追いつかず、写真がありません)

DSCF4227.JPGDSCF4222.JPGDSCF4223.JPGDSCF4228.JPGDSCF4214.JPGDSCF4207.JPG

15:00
 終わって達橋コーチが湯を沸かし、インスタントコーヒーで一服。暑さとニジマスと闘った後の‘至福の時’的な感じです。帰りは一台の車で、まったりとした帰路を楽しみ、火照った身体はSAのアイスでクールダウン。掛川市役所に16:30到着、解散しました。

 次回プログラムは8月のオプションツアーを挟んで9月13-14日、大井川源流ツアーです。
posted by スローライフ掛川 at 2008/09/19 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>フライフィッシング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
7月よりライフスタイルデザインカレッジ2009が始まります
詳細はライフスタイルデザインカレッジ2009で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。