第2回セッション"〜田圃からお茶碗まで〜"報告

第2回セッションを8月23日(土)の午後に五つ星お米マイスターの長坂潔曉さん(安東米店店主)を講師にお迎えし、里山に欠かせない田んぼとお米についてのワークショプを行いしました。
082301.JPG
内容としは、まずお米と炊飯についての講義をして頂き、その後でオーガニックファーミングで田植えをした田んぼに向かい、そこでこの田んぼからどれくらいのお米が収穫できるかを一坪に植えられた稲の株数を調べて算出しました。
082302.JPG082303.JPG
後、この場での話しで印象に残ったのが、現在の機械化や特に化学肥料や農薬による消毒により、稲作が始められてからの先人の知恵が全てといっていいほど失われてしまったという言葉でした。

田んぼでの話しが終わった後は、本日のメインのご飯炊きです。
以前のスローライフのイベントでは、土鍋を使ってのご飯炊きを何回か実施したのですが、今回は羽釜で薪を使いました。
お米は、今年獲れた種子島米です。
082304.JPG082305.JPG
今回はお米の研ぎをしたものとしないものの二種類で炊き上げました。
ご飯炊きは、『初めチョロチョロ 中パッパ ブツブツ言ったら火を引いて 最後は藁を一握り 赤子泣いても蓋取るな』だそうです。
一釜目の研ぎをやった方はは上手くたけました。早速みんなが持ち寄った自慢のご飯の友で頂きました。さて二つ目の研ぎをしなかった釜は・・・実は話しに夢中でちょっと火加減の調整が、たっぷりおこげを作ってしまいました。
082306.JPG082307.JPG
田んぼから茶碗までを実感した楽しいワークショプでした
posted by スローライフ掛川 at 2008/09/13 01:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベーシックプログラム>セッション
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/106474109
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
7月よりライフスタイルデザインカレッジ2009が始まります
詳細はライフスタイルデザインカレッジ2009で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。