第1回ハーフデイトリップ『川を旅する』報告

 7月5日(土)  朝8時から午後1時30分まで、第1回「ハーフデイトリップ」をおこないました。受講生は10名中7名が参加、スタッフは佐藤雄一・長谷川八重・石山有子です。

DSCF4155.JPGDSCF4156.JPG

 集合した市役所の駐車場では、一年間の講座のブリーフィングが行なわれ、NPOの井村代表や山下事務局長から挨拶がありました。校長からは「五感で楽しんだり、講座の中で五感を呼び起こし、それを日常へ活かし生活をもっと豊かにして下さい。」とのメッセージが送られました。

 今回のテーマは『川を旅する』。講師は、水生昆虫研究者でカメラマン・フライフィッシャーの小川博彦さんです。先生曰く「良い川とは、上流・中流・下流がはっきりある状態の川」だそうです。最近では、この中流のない川が多くなり、中流域特有の魚の生息や、蛇行しながら林や里山を抜ける環境が貴重なのだそうです。掛川市を起源とする「原野谷川(はらのやがわ)」は、どうでしょうか・・・。そんなテーマをひとつ持ちながら、半日の旅に出かけました。

DSCF4158.JPGDSCF4161.JPGDSCF4162.JPG

 最初の場所は、中流域に当たる原野谷川の親水公園・西山橋の下です。配った資料には、取れるであろう魚や水生昆虫が図解で載っています。‘もしかしたらナマズ’を期待しながら、川遊びが始まりました。
梅雨の川は水量が多く、日によっては濁っていますが、皆さん、躊躇い無く川へザブザブ入り、タモ・ブッタイを使って“がさがさ”魚取りをしました。“深みに嵌って”腰まで漬かって潮干狩り状態の紳士淑女のお姿も・・・。

 捕まえた魚は、かじか・かわむつ・かまつか・しまどじょう・ぼうずはぜ・はや・よしのぼり・すじえび・アメリカザリガニ・あめんぼ・かげろう・とびけら・とんぼのやご・・・等等。バケツやトレイの中には子供の頃の記憶を呼び戻す光景が増えてゆきます。小川さんの楽しい解説を聞きながら、興味のある魚をペットボトルに移し、横から下から360度観察します。

DSCF4165.JPGDSCF4166.JPGDSCF4170.JPG

 10:30を回り、次は上流へ移動です。途中、柴ちゃん牛乳でおいしい乳製品を食べて、‘ご自由にどうぞ’のすももを木からもいで、産直のニンニクを買うなど休憩しながら、ならここの里へ10kmほど遡りました。川に入ってみると先ほどより水温は低く、水がとがっている感触です。魚の姿は少なく、サワガニ・水生昆虫はなべぶた虫・へびとんぼ・ががんぼ・かげろう・・・等等。気温も上昇してきたので水に漬かってひと休みが何とも贅沢な感じです。再び、トレイに乗った水生昆虫の解説を聞き、たった10kmの違いでも川をとりまく環境で水中の大きな違いがわかりました。

DSCF4179.JPGDSCF4181.JPGDSCF4189.JPG

 12:00を過ぎ、昼食は地元のおばちゃん達でつくるならここ杣の家のお弁当・600円。産直きゅうりを川の水で冷やし、手で割って、ニンニク味噌をつけてポリポリ食べました。
 このまま昼寝でもして居たい感じでしたが、13:00には終了の挨拶で、現地解散になりました。受講のHさんから「50年ぶりに川へ入って、楽しかった」と感想を寄せて頂きました。

DSCF4172.JPGDSCF4175.JPGDSCF4177.JPG

 次回は『石が旅する』です。
 9月6日(土)・掛川の豊富な地層をコツコツ掘って化石を探し、時空の旅に出かけます。
posted by スローライフ掛川 at 2008/07/12 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | アクティビティプログラム>ハーフディトリップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102737443
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
7月よりライフスタイルデザインカレッジ2009が始まります
詳細はライフスタイルデザインカレッジ2009で!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。